ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

土曜の花火

d0107605_316398.jpg妹家族の家は多摩川の川辺にあり、花火大会の際はすごいことになっているという話はかねがね聞いていました。花火にそれほど思い入れのない我々ですが今年は店番をしてくれる素敵な人を見つけたので、初めてお呼ばれしてきました。そして絶句。。。
花火が始まった瞬間はあまりの爆音と振動にありもしない食器棚が倒れたのかと思い、花火大会に来たというのに花火が始まったと気がつくまでに数10秒
d0107605_3182022.jpg火の粉舞う大迫力!
何これ??
花火というか爆撃?

d0107605_3183217.jpgこれは宇宙ぽい!
キレイ!
d0107605_3202438.jpg写真はどれもズームなしで撮ってこの迫力。なぜなら家の目の前が打ち上げ場所だから。一般の花火客は立ち入り禁止の危険地帯。ヘルメットを被った警備員さんたちが見回っていて大きめの火の粉が降ると速攻で消しに来るそうです。
d0107605_3203490.jpg花火を見ていると5センチ四方の花火玉の皮がばんばん降りそそぐ。記念にもらってきました。火薬の匂いの思い出です。

●店長便り●
花火見て反戦願う夏の夜
思わず一句詠んじゃうくらい、戦争を連想してしまった。これが花火じゃなくて爆撃だったらどれだけ怖いだろう。
by niwatoribunko | 2009-07-21 03:48 | nantonaku
<< はじめてのお使い いよいよ始まりました >>