ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

オランダ&ベルギー旅行3日目

d0107605_2161070.jpg
3日目早朝、ヘッヒャに見送られ(本当です!)宿を出る。
普段なら、アムスの中央駅から出るはずのタリス(アムス⇔パリをつなぐ高速列車)が線路工事のため、近郊の駅から出発とのことでタクシーで移動。チケットはすでにレイルヨーロッパで手配してあったのだけど、通常のタイムテーブルでないため時刻表などで確かめる術もなく、インフォメーションどころか駅員さんも見当たらないホーム、本当にここにタリスが来るのか若干不安。しかし、他にも不安そうにスーツケースを携えた人々がいるので多分来るはず。そして来ました。いろいろな国の人々みなホッとした顔。それにしても、8時を過ぎてもホームの売店は開く気配もないし、珈琲ひとつ買えないし、のんびりしてるなぁ。。
d0107605_236288.jpg
そして、あっという間に到着したブリュッセルは雨!
午前中の到着だったので、とりあえず荷物を預けようとホテルに行くとあっさりチェックインできました。そこで日本から持ってきた折りたためる長靴に履き替えて(これすごい役立った)、まずは歩いてグランプラスへ!
しかし世界一美しいと謳われる広場、グランプラスもうーん。。。傘をさしながら無理やり写真を撮っている観光客全員苦笑いです。
d0107605_2532691.jpgd0107605_2535567.jpg
近くの聖ニコラス教会に入ってみます。荘厳なヨーロッパの教会、厳かすぎてこんな教会で結婚式でもあげようものなら、離婚の際は天罰がくだりそうで怖いですね。美しいステンドグラス、宗教的な物語が緻密に描かれたものよりモザイク模様の方が好き。
d0107605_302242.jpgさてさて、ベルギーで一番楽しみにしていたものといえば、チョコレートはもちろん、日本で食べるのとは全然違うと噂のワッフル!
雨の中目指すはワッフルが美味しいと評判のダントワへ!

Sさんと店長は四角いブリュッセル風のワッフルにアイスクリームと熱々のチョコレート添え。私はアイスクリームにチェリーをトッピングしました。うまーい!!
d0107605_303376.jpg一緒に頼んだカプチーノは生クリームを浮かべたウィーン風。正直、ぬるくて残念な感じ。普通のコーヒーにすれば良かったです。でもとにかく絶対来たかったお店なので満足満足でした。いろいろな雑誌や本で紹介されているので日本のお客さんも多かったし、お店の人は明るいラテンな乗りで居心地良かったです。
雨が降っていなければ土曜日のこの日グランサブロンという広場で開かれているアンティークマーケットに足を運ぶつもりだったのですが、やはり野外よりも屋内が良いだろうと王立美術館へ行くことにしました。考えることは皆一緒らしくチケット売り場は長蛇の列。チケットを買う段階になってマグリット美術館のチケットとのコンビチケットも売っていることに気づく。マグリットも見たいということで、コンビ券を購入。チケット販売の女性にマグリットは16時までだから先に見てと言われ、急いで中でつながっているマグリット美術館の建物の方へ(ちょっと遠い)。ところが入口でこのチケットでは入れないと言われてしまう。なんと、コンビチケットではマグリット美術館に14時までに入場しないと自動扉が開かないシステムになっているというのだ。し、しかし、そのチケットを購入したのは14時8分(チケットに刻印)、つまり入場できないチケットを売られたということ。何を言っても受け付けない、入れないという対応だけど、そんな自動扉が開かないようなシステムを作るのだったら、13時50分くらいでコンビ券を販売できなくするシステムも導入して欲しい。

d0107605_3221580.jpgd0107605_3222616.jpg
なんだかドッと疲れて、とりあえず王立美術館を巡るが、こちらもなんだかなぁの展示。だって絵を照らす照明が蛍光灯で上部が光って見えなかったり、かなり適当な感じ。ど、どうなんだろう? ここは無料で見られるロビーで建物の雰囲気だけ見て、マグリット美術館へ行くのが正解だったのかもしれません。美術館の目玉、ブリューゲルは良かったですが・・・。Sさんが帰り際、美術館の人に14時8分にチケットを売ったのはおかしいから、差額を返金して欲しいと言いに行ってくれたが、「何を言っているのかわからない」みたいな対応だったらしい。もしかしてチケット販売の人はその自動扉のシステム知らないのでは??
d0107605_455066.jpgd0107605_46979.jpg
と、王立美術館はいまひとつ楽しめなかったのですが、ギャルリー・サンチュペールという素敵なアーケードでお茶をしようと再び街へ。あいかわらず雨は降っていますが、いろいろなお店のウィンドウが楽しい。女の子のドレスがランプシェードになっているレストランとか! レース屋さんとか! 乙女度高しです。
d0107605_4112620.jpgd0107605_411523.jpg至る所にあるチョコレート屋さんのウィンドウも思わず見惚れる美しさ! 右のノイハウスのチョコレートは女性職人たちが開発したチョコレートだけを詰めたchefs Lady という名のギフトボックス。悩んだ末に、自分用に買ってしまいました。友だちとのお茶菓子にと思っているのだけど、自宅用のチョコを食べ終わってしまった店長が、今たんたんと狙っている。
さて、お茶をとなったところで目当てのお店が混雑していて入れず、別のカフェへと見渡しても土曜日の午後でどのお店もいっぱい。そして私たちの疲労も限界に近くなってきました。なんと私、この日まであまりよく眠れず3日くらい徹夜に近い状態だったのです。もう歩くのもやっとという位になってしまったため、ホテルへ帰ることにしました。
d0107605_4305218.jpgd0107605_431550.jpgd0107605_4313772.jpgd0107605_4315434.jpg
ブリュッセル、まだ到着したばかりですが、石畳に素敵なショーウィンドウ、美味しそうなチョコレート、りんご飴の屋台(葉っぱがついてる!)、漫画の壁画、ひとまずちらりと覗いた古本屋さんの集まるアーケード、アムステルダムとはまるで違う雰囲気の街並で明日からが楽しみです。
d0107605_437375.jpgこの日は買い入れ品は無し。結局、夜になって雨も激しくなり夕食はホテルのレストランで。
メインを食べ終わり、さて、コーヒーでもというところで(私の)スイッチが切れてほぼ寝てしまったのでした。とほほ。ぐっすり眠って明日はアントワープです!

※ここのホテル、廊下のカーペットが好きだった。ヘッヒャはいないけどね。
●店長便り●
美術館のロビーで見ていた地球儀みたいな球体に
びっしり貼りついていたのは虫だよ。↓
d0107605_4431385.jpg

by niwatoribunko | 2010-11-30 05:05 | trip
<< オランダ&ベルギー旅行 4日目前半 オランダ&ベルギー旅行 2日目 後半 >>