ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

京都へ

名古屋→神戸→大阪経由で行ってきました。
店長は大阪で仕事だったため、とりあえず一人で清水寺へ。
清水の舞台へ上がり、お参りし、暇だったので境内の片隅にある地主神社の階段をなんとなく登ってみると・・・そこにはギラギラした欲望が渦巻いていました。
勝守! 勝たなきゃ格差社会は生き残れませんものね。

d0107605_19525649.jpg













修学旅行の男子中学生は必死に縁結び祈願。

d0107605_2005871.jpg















そんな彼らを、大国主命さまと因幡の白兎が応援!
d0107605_2014941.jpg















ところで名古屋ではHさんご夫妻の案内で、美味しいひつまぶしを、
神戸ではOさんご夫妻に明石のたこや魚をたっぷり食べさせてもらいました。
とってもおいしかったです。お世話になりました。
# by niwatoribunko | 2007-04-19 20:23 | nantonaku

売れました!

こけしちゃん達が8人も!
昼本市でこけしちゃんをお嫁にもらってくださった方々ありがとうございました。
とくに、大柄な娘を半ば無理矢理売りつけられてしまった人。。。
すみませんでした。店主が・・・。

●お知らせ●
今週4月18日水曜日を臨時休業とさせていただきます。
d0107605_134843.jpg















なんで私だけ売れ残ったのかしら?
# by niwatoribunko | 2007-04-16 01:09

昼本市参加します!

えっと、明日、4月15日日曜日11時~16時
西荻窪の柳小路通り飲食街で開催される「昼本市」に、にわとり文庫も参加します!
ハンサム食堂さんとか、ミルチさんとかの美味しいものがいっぱい食べられて、
ついでに古本も・・・。なんと素敵な市なのかしら。。。
でも店長がそちらに参加して、店番の私は食べられませんよっ!
きっ! 雨よ降れ!嘘です。おみやげ所望です。
万が一、このブログを見て昼本市に行かれる方はぜひおみやげを持って
にわとり文庫にもお立ち寄り下さいませ。d0107605_2092096.jpg
















この子達も何人か出張します。今度こそ売れてくれ。
# by niwatoribunko | 2007-04-14 20:17

裁縫の本

戦時中に発行された、
続主婦之友花嫁講座 「和洋小物・裁縫と編物」
型紙もちゃんと残っています。
かつての持ち主が何度も何度も使った形跡が・・・。
内容は戦時下らしいモンペや作業着の作り方から、
かなりお洒落な子供用水着までさまざま。
巻頭カラーのモデルを務めるのは原節子など当時のスターたち。
d0107605_3214662.jpg


ブラジャーならぬ乳押の作り方もアリ。d0107605_3231348.jpg

にわとり文庫で絶賛発売中です! (1575円)
# by niwatoribunko | 2007-04-04 03:36 | books & memo

たまには本のこと

「ししゅうのモチーフ」 森山多喜子
昭和39年刊 
手芸の本なんですが、なぜか刺繍のモチーフのひとつひとつに
森山先生のポエムが添えられているのです!

d0107605_031932.jpg











たとえば太陽モチーフの刺繍には
こんな情熱的なポエム

1 夏の訣れ
おねがい!
誰かつかまえて頂だい
ゆく
行く
夏は逝く
暗い海はいや
あなたの居ない海もいや
太陽と手をつないで
あなたも
逝ってしまうような
そんな衝動にかられて
私は
思わず走り出した
真っ白で
長い
砂浜を

なんて情熱的!
なのに、この刺繍に合う小物としてあげられてるのが→学童用座ぶとん
ええっーお母さんの情熱と衝動を子どもの座ぶとんに?!

かと思えば、こんなたわいのない一編も・・・

24 くい道楽
私は喰べることが大好きです
ですから、ひとさまのように「三度の食事よりも好きなこと」も、ありませんし、
又「あさめし前に出来ること」もありません それがとても残念です。

残念です・・・。
そしてこの刺繍は、トースターカバーにどうぞ

まさかっ、ししゅうだから詩集?
# by niwatoribunko | 2007-03-31 00:06 | books & memo