ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

ハンガリーとチェコの絵本市始まりました

d0107605_20000137.jpg
ずっと準備していたハンガリーとチェコの絵本市が本日18日よりスタートしました。6月の買い付け旅で仕入れてきた絵本たちを並べながら、10日そこらでよくこれだけの量を集めたものだと自分たちでもびっくりです。
d0107605_20001978.jpg
ただ、お盆の期間の誰も歩いていない通りの様子に、これ誰も来てくれないのではないかと不安だけしかなく心底心配していました。
d0107605_19595715.jpg
ドキドキしながらオープンすると、誰もいない。や、やばいと思うも徐々にお客様がご来店くださり(いつも12時ぴったりに開けていないことが知れ渡っている)ずいぶんホッとしました。
d0107605_19575386.jpg
集めてきた絵本を喜んでいただき頑張ったかいがありました!
d0107605_20000819.jpg
会期は8/31までです。まだまだたくさんの絵本と雑貨、紙モノもありますので、もしご興味があれば遊びにいらしてください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)



# by niwatoribunko | 2018-08-18 20:21

ブダペストとプラハへ買付けの旅その11(旅は終わります)

d0107605_13110168.jpg
とうとう旅の最終日。今日も朝から郵便局へ約20キロあるダンボールを手で運びます。こんな石畳のヨーロッパらしい街並みも見納め。郵便局の帰りにまだ観光客の少ないカレル橋を渡ってみたり寄り道をしながらホテルに戻りました。今日はあともう1箱郵便局へ持っていかねばならないのですが若干箱に隙間があったので木のおもちゃなど本以外のちょっとしたものを買って箱にもう少し荷物を入れる計算。これ以上本屋やアンティーク屋さんに行って買付を続けると出発の日の朝にも郵便局に駆け込むはめになるため今日はなるべく本屋は見て見ぬふり作戦です。そうだ! ミシャ美術館も見たいしまずは街にぶらりと出かけます。
d0107605_13110155.jpg
筒状のパンのトゥルデルニークの屋台。空洞にアイスクリームが入ってる屋台も見かけた。食べてみれば良かったかな?
d0107605_13111240.jpg
ハヴェル市場の果物屋さん。果物を買って部屋で食べることを夢見ていたのに日中はいつも大量の荷物を持って本屋とホテルの往復ばかりでできなかった。今が買うチャンスかとも思ったけど明日帰るので諦めました。こればかりは今も後悔。。。
ミュシャ美術館は思っていたよりだいぶ規模が小さくあっという間に見終わりました。休憩がてら旧市街広場の近くのオープンカフェに入ってみます。
d0107605_13110212.jpg
ウエイターさんにアイスコーヒーってあるんですか? と聞いてみると「あるよ」と言って出してくれたのはやはりこれ。日本人がイメージするアイスコーヒーが飲みたい場合はスタバでコールドブリュー(水出しコーヒー)を注文するのが正解のようです。ところでこの観光ポイントど真ん中のカフェのビールはなんと日本円で500円! この旅最高価格でした。プラハの旧市街は街全体が観光地ですが通り一本、二本の違いで価格が倍以上になるんですね。
d0107605_13111258.jpg
さて、のんびりした後お目当のおもちゃ屋さんへ。クルテクグッズが山ほどありますが、クルテクは日本でも買えるので無視していくつか木で出来たおもちゃを買いました。ホテルに戻り箱に買ったおもちゃを入れて梱包。嫌だけど再び郵便局へ。これで仕事は完全終了です。本屋をのぞかないためにも観光へ繰り出します。ところが、調べ魔の自分ですがプラハでの観光地はなぜかまったく調べておらず、ミュシャ美術館で上映していた映像で王宮にある教会にミュシャのステンドグラスがあると知りそこへ行くことにしたのはよいのですが王宮に着いたものの広すぎて行けば分かると思っていたチケット売り場がどこなのかさっぱりわからない。

目についた広場にある教会ぽい建物に入って見るとチケット売り場があったのでとりあえずチケットを買ってみると思っていたより安すぎる。。。なんと、、教会の南塔のチケットで進む道は階段のみ。。10日間ほぼ毎日本屋を巡り、重い荷物を持って移動し、今日だって朝から20キロもある荷物を2度も郵便局まで運んで王宮のある丘を登るのですら結構疲れた状況で塔になんて登りたくない。でも登るしかない。泣きながら登りました。
d0107605_13111221.jpg
確かに絶景でした。塔のてっぺんで本当の王宮めぐりのチケットはどこで売っているのか調べると、王宮は大変広いので事前にどこに行きたいか何が見たいか下調べした方がいいですよと書いてあった。人が呆れるほどの調べ魔なのに観光ということで気を抜いてました。スミマセン観光なめてた! 塔を降りる時、へこたれて座り込んでいる女性に日本語で「がんばって」と声をかけると「あと何ステップあるの?」と、たまたま店長が数えながら降りていたらしく「40ステップだよ」と教えると彼氏に「ノーあと40ステップなんて無理〜!!!」とブチギレてました。気持ちわかるよ! いや本当に辛い塔登りでした。下界に降りて正しいチケット売り場でショートコースの王宮めぐりチケットを購入。目的の聖ヴィート大聖堂へ(あの塔の裏手に入り口がありました)
d0107605_13112529.jpg
圧巻! 見に来て良かった塔に頑張って登って良かった(登らなくて良かったんですが)報われた〜とありがたい気持ちでいっぱいです。教会全体も興味深くゆっくり見てまわります。
d0107605_13111253.jpg
こういう天使が緞帳持っているようなの絵では見たことあるけど立体で見るのは初めて。すごくないですか?
d0107605_13111244.jpg
残念な偽キャンドルマシーン。昔はキャンドルに本物の火を灯していたじゃないの、、安全を考慮しているのはわかります。
d0107605_14021856.jpg
じっくり教会を見ている間に西日が差してきました。
d0107605_14021871.jpg
足元にもステンドグラスの光が反射して夢のように綺麗。うっとりした気持ちで教会をあとにしてカフカが住んでいた家もある黄金の小道など王宮の各スポットを巡って旅の最終日は観光を満喫しました。足は若干ガクガクです。疲れていたせいかトラムに乗って帰るとき逆方向に乗ってしまったみたい、ただ確認してみると遠回りなだけでホテルのそばの停留所までは行くことがわかり未踏の街並みをのんびりながめます。古本屋さんや気になるお店もいろいろありそう。プラハはブダペストに比べて時間が少し足りなかったという思いが残る、また来たいなぁ。。
d0107605_13112569.jpg
停留所を降りたところにある行列のアイスクリーム屋さんで観光で疲れた体を癒したいと並んでみました。大正解の美味しさ! ブダペストもプラハもアイスクリームが美味しい。チーズやバターもつまり乳製品が美味しいのね。あーもっと老舗のカフェとかも巡りたかったなと名残惜しい気持ちでいっぱいです。
d0107605_13110126.jpg
買付の旅もとうとう終わりです。蚤の市で舞い上がったり、たくさんの古本屋さんをまわって、たくさんの絵本や古本を見て心が騒ぎ、ホテルの机に積み上がる古本に心が震えました。あーやっぱり古本屋巡りは楽しいなぁ。日本に帰ったら少しでもお客さんにそう思ってもらえるお店にしていかないと、、なーんて思ったり。写真は最後の日に見た空に浮かぶ丸い雲と手を振る少年たち。さよならプラハとブダペストまた来ます!

●店長便り●
帰りの乗り継ぎは無事成功すんなり帰宅も猫激怒
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)




# by niwatoribunko | 2018-08-16 15:16 | trip

ブダペストとプラハへ買付けの旅その10(プラハでの夕食の話)

d0107605_13110138.jpg
プラハ2日目の夕食は調べておいたホテルから歩いて行ける(レストラン選びの基準は歩いて行ける範囲)。昨日食べた牛肉のタルタルが美味しかったので同じくタルタルが有名な U Pinkasu というお店に行ってみました。奥にあるのがタルタルですが上に卵の黄身がのっていて自分でマスタード、パプリカ、胡椒、塩などの調味料を混ぜるタイプ。いっきに混ぜないで一口ごとにいろんな混ぜ方で試してみました。もちろん美味しい! ただ、タルタルは揚げパンにのせて食べる料理だというのに、もう一品をシュニッツェル(ウィーン風カツレツ)にしてしまったのは失敗でした。どちらも美味しいのでパクパク食べてましたが帰りには胸焼け気味。もう一品は煮込み料理とかにすれば良かった。。。
d0107605_13112607.jpg
そしてプラハでの最終日は最初に行ったお店でビールの醸造をしているホスポダ U Tří růží に再び行きました。この日は2階の席に通されます。2階の雰囲気も素敵だな〜この日はまだ食べていなかったクネドリーキ(蒸しパン)の添えられた煮込み料理にするか、チェコに来たからには一度は食べるべきと何かで読んだ豚の膝肉(ボリューム的に心配)にするかギリギリまで迷って。。。
d0107605_13112682.jpg
豚の膝肉にしました。ドーン!!! 一枚のボードの上に大きな膝肉の塊とおそらく自家製のパンに最高に美味しいピクルス、ザワークラウトが大盛りでドンドンドンとのっています。ビールとの相性もバッチリ! 2人で一生懸命食らいついた感じのこの旅最後の夕食でした。これにビール2杯とミネラルウォーターで3200円くらい(チップ込み)。観光ポイントからとても近い場所にあるというのに良心的なお店でした。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)



# by niwatoribunko | 2018-08-16 02:30 | trip

ブダペストとプラハへ買付けの旅その9(プラハでも古本屋巡り2日目)

d0107605_14212767.jpg
プラハ古本屋巡り2日目。午前中まずは買い込んだ本を郵便局に持って行く前に最短ルートを確認するため郵便局まで手ぶらで行ってみる。というのもブダペストではソフトスーツケースにダンボールを乗せて転がして行ったのだが昨日買ったダンボールの形状ではその方法では不可能で手で持って歩かねばならないという事実に気が付いたからです。20キロのダンボールを持って長距離歩くには道に迷う余裕はないため下見です。トラムを使って2つ目の停車場から歩いて100メートルくらいか。。少し大きめの郵便局。次の荷物のためのダンボールを購入してホテルへ戻りすぐに出発。
d0107605_14205887.jpg
Heの店でもらったイケアバッグくらいの大きくて頑丈なショッピングバッグに20キロのダンボールを入れてなんとか郵便局まで。世界遺産の街まで来て何やってんだろう? と思わなくもないがとにかく本を運ぶのだ。郵便局の係のお兄さんに一番安い方法で日本に送りたいとGoogle翻訳に教えてもらったチェコ語を書き写したメモを渡すと笑いながら「オッケー! チーペストウェイ!!」と伝票を渡してくれた。英語でどこに何を書くのか教えてくれたのだけど1箇所だけどうしてもお兄さんの英語がわからなくてプチパニックに、窓口でお互いにスマホをいじりだすものの途中で「あ!もしかして箱の中に入ってるものの金額ですね?」 と気がついてそう言うとお兄さん「イェースザッツライト!!」というわけで無事に送れました。ハンガリーではEMSだったけどチェコでは違うようで送料はチェコの方がだいぶ安い。
d0107605_14205808.jpg
帰りに郵便局の近くの古本屋さんに一軒寄る。可愛いネズミの人形が均一棚の上にいます。ちょこっと買いましたがカレル橋にも近い観光中心部にあるお店だけあって全体的に少しお高めでした。
d0107605_14205850.jpg
ホテルに一度戻って荷物を置き、昨日定休日だったお店を目指します。その前に通り道にある昨日のお店に探してくれるように頼んでおいた本を見に行く。なかったようです。店頭廊下の均一ダンボール昨日はいっぱいあったサイコロがだいぶ減っている。金具類も。
d0107605_14205824.jpg
さて、昨日お休みだったお店開いてました。外の窓枠の部分は均一棚となっているようです。バナナ箱には文庫があって表紙が可愛いシリーズをなんとなく買ってみる。
d0107605_14205874.jpg
お店の中は手前の部屋に均一に近い価格帯の本が本棚にずらりと並び、そこから次の部屋はステップでちょっと下がったところにある。たくさんの本の中にアルバムだったり古写真だったり古道具も混ざっていて面白い。目当ての絵本は量はあまりなかったものの探していた絵本と出会える。古道具系もじっくり見ていきます1950年代の丁寧に貼られた個人のアルバムが気になって値段を聞いてみるとまあまあ高め。悩んだけどこれを買っておくことでここまであまり買えてない紙モノのにツキがまわって来るんじゃないかと思い買うことに(少し安くしてもらう)。ちなみにこのお店には日本の文庫本がたくさん並んでいました。古本屋さんを出てそそくさとホテルに戻ります。実はこの日はワールドカップ日本VSコロンビア戦の日。大事な初戦はやはり見ておかねばならないということで。。。そして何故か勝った! 試合が終わって気分も高揚、よし自分たちは自分たちのフィールド(古本屋)へと旧市街から少し離れた場所にある調べておいた古本屋さんにトラムを乗り継いで向かいます。

ところがあるはず場所を3周したけどその古本屋さんは見つからず途方にくれることに。3周目でとうとう諦めて帰ろうということに。さっきの日本初戦勝利で高まった気持ちが一気にしぼむのでした。とはいえなんか閑散とした周辺を一応散策してから帰ることに。すると小さい間口の古道具屋さんを発見。しかし店頭に半裸の若者がいて怪しいお店なのではと思うもののせっかくなので恐る恐る入ってみます。他にも若者が出入りしているようだが上階で下宿でもやっている雰囲気(アパートメントホテルかな?)。奥の帳場にはおじさんが一人。何か探しているのか声をかけてきてくれて絵本を出してくれました。何冊か可愛い本を見つけて古道具系もちょこちょこ見ていたら上の方にファイルがあることに店長が気付き見てみると、、まさにこういうの探していた! という紙モノと、とうとう出会えたのでした。そこから閉店までの時間頭の血管が切れる程集中して選びに選び、途中ファイルごと売ってくれないか聞こうかと店長が言ったのだけどコツコツ集めたこういうものをごっそり全部買っていく気にならずやはり気に入ったもの気になるものを選んで買いました。次に行く紙モノ好きの人がファイルを発見してときめきますように。。。
紙さまってきっといるよ 幽霊とUFOもいるよ! 
By真心ブラザーズ
d0107605_14205919.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)



# by niwatoribunko | 2018-08-14 14:50 | trip

ブダペストとプラハへ買付けの旅その8(プラハでも古本屋巡り後半)

d0107605_13213575.jpg
ランチの後ホテルに荷物を置いて次は中央駅周辺の古本屋さんを巡ります。絶対来たかった地下の古本屋さん。思っていたより広い店内。ただこの日は絵本類がやや少なめ。レジの前にあるテーブルで買い取りの査定中の本とは気づかず可愛い絵本と思って手に取ってしまったら、査定してもらっているお客さんが「ほらほらあの人も興味しめしてますよ(もっと高い査定額を)」みたいなことをたぶん言ってました。店主の方すみません!
d0107605_13210074.jpg
この方式のショーウインドウいいなぁ。
d0107605_13212673.jpg
もう一軒、おばあちゃんが店番をしているお店。ここにも良い本いろいろ、店頭にはポストカードのコーナーが、古写真や紙ものもちょこちょこあって素敵なお店! おばあちゃんにはまったく英語が通用しませんが店員さんが助けてくれて無事たっぷりお買い物できました。と、ここまででたいがいのお店が閉店する時間に近づいてきました。最後にここからすぐ近くにあった郵便局に寄ってダンボールを購入してホテルへ帰りました。
d0107605_13241959.jpg
夕飯は念願のチェコのホスポダ(居酒屋)へ! ホテルから近くて店内でビールを醸造しているお店で奥に銅製のタンクが見える。早めの時間に行ったので1階の席へ通されました。
d0107605_13260028.jpg
キター!美味しいーー! この店内醸造の出来立てビールが小さめサイズで200円くらいでした安い〜 もう一杯違う種類のビールを飲もうと思っていて小さめを頼んだのですが、、、
d0107605_13260029.jpg
食事のメニューも豊富。食べたのはホスダポのフードメニューの定番らしい牛肉のタルタル。添えられている揚げパンににんにくを擦りつけお肉と一緒に食べるのですが、タルタルってこんなに美味しかったですか? けっして生肉好きじゃないのだけどこれはもう人生最高生肉。。店長が食べたハンバーガーも肉の旨味がギュッとしていてすごく美味しかったようです。が、ここで事件が。。店長が飲んでいた自家製アップルサイダーがアルコール入りだったのです。アルコール分解酵素が極端にない体質の店長がグダグダに(なぜ気がつかない〜)。。というわけで店長のアップルサイダーを2杯目に飲んでしまったので結局ビールは1種類しか試せませんでした(自分は2杯までしか飲めない)。
d0107605_13275415.jpg
ホスダポの帰り道グダグダの店長を連れて川の近くでひと休憩・・・。カレル橋の夕景、絵葉書かしら?
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)

# by niwatoribunko | 2018-08-13 12:53 | trip