ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

ブダペストとプラハへ買付けの旅その5(蚤の市そして温泉へ)

d0107605_16032855.jpg
今日は2箇所の蚤の市をまわるため朝一番で朝食を食べてホテルを出ます。トラムからバスに乗り換えて郊外にあるBudaiの蚤の市を目指します。観光地圏内から出るのは初なのでちょっとドキドキ。でもgooglemapさえあればどんなところにもスムースに行けることに驚きます。昔はバスを使うだけのことが結構ハードルが高くて不安だったけど今ならあと何分でバスが来るのかまで手元のスマホで分かってしまうなんてありがたい。。ちなみに郊外行きのバスはバスのチケットを運転手に見せる必要アリ。中心部は見せないで乗れるのでそこだけちょっと注意です。
d0107605_16032813.jpg
到着しました! 朝早いのでこれから出店する人達も続々と車で集まって来ている様子。いったいどんなモノに出会えるのか、、
d0107605_16032929.jpg
ワクワクと言いたいところだけど、モノモノモノに圧倒されていったい何が欲しいのか頭がパーっとなってしまうのでした。で、一番最初に買ったのが本。本を買ってなんとか落ち着きを取り戻して端からじっくり見ていきます。食器を売っているブース多し、陶器のお人形、おもちゃ、ガラクタちょこちょこと買い物しつつ、何で買ったんだろうと思うものも買ってました(笑)
d0107605_13282490.jpg
ハンガリーの昔の修了証とか卒業証書とか。共産圏時代のものなのでデザインがそれっぽい。俺は専門家だと言うおじさんに説得されてなぜか何枚も買ってました。その他にもあれやこれや、そして気づけば袋に何やらいっぱい抱えて現金はゼロ!まだ午前中ですがとにかく中心部に戻ってATMでお金を下さねば。次に目指す蚤の市は有名なエチェリです。
d0107605_16032996.jpg
エチェリに到着。一緒にバスを降りた人たちと横断歩道を渡って写真で見たことのあるゲートをくぐりいざ! さきほどのブダイよりアンティークらしいもの、蚤の市らしいものが並んでいるので欲しいものは見つけやすいのかもしれないけど値段を聞くと結構高い金額を言われるような。もちろん値下げ交渉はするものの。。ううーん。しかし何か買ってエンジンをかける意味で高めだけどもまずは犬のブックエンドを購入。
d0107605_16032897.jpg
d0107605_16032970.jpg
しかし思ったよりエンジンがかからない。持って帰れるもので、買える値段で欲しいもの、広い蚤の市で見つけるのは思っているより大変。どんなものを探しているのか何が欲しいのかが曖昧になってきてしまうなぁ。難しい。
d0107605_16032908.jpg
気持ちが上ずりながらもいろんなものを吟味してなんとか買い物を続ける。でもやっぱり高い印象。はじっこの方にあった限りなくゴミに近いガラクタを並べているブースでは段ボールにポストカードが雑多に入っている。中に面白い図柄のものがあったので何枚か選んで値段を聞いたら、ちょっと信じられない金額。その金額で売るならダンボールに適当に放り込んであるってどうなの〜と交渉する気にもならないと立ち去ろうとしたらお前のミニマムプライスはいくらんなんだと引き留められ、ミニマムプライスを告げるとそれでいいってことに!? 最後に見つけたのは古い手芸雑誌、これはとても書いやすい値段で言い値で買いました。自分に合うブースというか売り手の人が見つけられると買えるものも増えるのかなぁ? そんなに買ってはいないもののやはり単価が高かったこともあって再びお財布の中は限りなくゼロへ。もう帰るしかない!
d0107605_16032919.jpg
思っていたよりだいぶホテルに早く戻ってこられました。荷物を整理して一休みしたらブダペスト最後の観光へ! まずはルダシュ温泉へ行きます。撮影禁止なので写真はありませんが、いいお湯でした。硫黄のほのかな香りもあって、ずっとシャワーだけだったので湯船に浸かれて最高です。プールやアウトドアバスなどのある新しい施設の方は利用せず16世紀に作られたというトルコ式風呂のみ、42度くらいある浴槽もあるし薄暗くて温泉ムード満点。更衣室が個室だったのも良かった。入浴後は漁夫の砦の夜景を見たいということで砦へ向かいますが、途中見つけたハンガリー料理のレストランでブダペスト最後の食事。ザッツ観光地というレストランで普通に美味しかったですが昨日のレストランのような特別感はなく値段は少々高め。そして現金のみということで数百メートル先のATMにお金を下ろしに行かねばなりませんでした。明日の午後にはブダペストを発つためフォリントはほぼ使い切るようにしていたので軽くショック。。
d0107605_16033033.jpg
食後は砦に向かって急な階段の道を進みます。結構キツイ! 
d0107605_16033056.jpg
やっと到着した漁夫の砦の夕暮れ、周辺の素敵なレストランやカフェなども閉店時間を迎えているようですが夜景を見るにはまだ暫くかかりそう。唯一開いているスタバで食後のコーヒーを飲みながら待ちます。そして21時を過ぎると景色が一変。
d0107605_18195684.jpg
うわー映画の世界みたい対岸には国会議事堂の夜景も見えます。
d0107605_18200116.jpg
いくら撮っても写真には映らないけど本当に感動するような夜景の中に身を置いて(夜景で感動したのは初めてかもしれない)なかなかこの場所を立ち去れません。とはいえ荷造りもあるし、ずっとここにいるわけにもいかず、ぼちぼち丘を降りて行く他の人達を追いかけるようにして帰路につきました。。
d0107605_18200565.jpg
帰り道のドナウ川の川辺にはお酒を楽しむ人々でいっぱい。みんな楽しそうで良かった!
d0107605_18201181.jpg
ブダペスト最後の夜を堪能してトラムでホテルに帰ります。楽しかった! それにしてもブダペストで一番の観光ともいえる夜景見物は無料、、なんてお得な街なんだ。また来たいと強く思った夜でした。

by niwatoribunko | 2018-08-05 14:15 | trip
<< ブダペストとプラハへ買付けの旅... ブダペストとプラハへ買付けの旅... >>