ブログトップ | ログイン

にわとり文庫

niwatorib.exblog.jp

2018年 08月 08日 ( 1 )

ブダペストとプラハへ買付けの旅その6(ブダペストからプラハへ)

d0107605_16040592.jpg
ブダペストとお別れの日曜日。土曜日の蚤の市が雨だったりふるわなかったりした場合の予備日にしていたため午後2時頃発の列車を予約してあります。そんなわけで時間がたっぷり。最後に自由橋のたもとからドナウ川を見て、定休日の中央市場をのぞくと普段と違う静かな光景。この街とはお別れなんだなと寂しい気持ちになります。地下のスーパーはオープンしているのでここで電車の中で食べるパンやハム、お菓子やお水を買い込みます。
d0107605_16040537.jpg
d0107605_16040569.jpg
荷物をホテルに預けて午前中は観光でもと思ったけど、もう一度あのアイスクリームを食べに行ったり、近所の公園でぼんやりしたりなんとなく過ごしました。公園には自由文庫みたいな本棚があったのでHeの店でもらったメキシコの本を寄付するなど。
d0107605_16040420.jpg
ホテルで荷物をピックアップして早めに駅に移動。出発時刻に遅延などないか確認後、世界一美しいマクドナルドと言われているマックでアイスコーヒーでもと思ったものの冷たいコーヒーはこれだけらしいです。見た目より甘さ控えめで美味しかった。
d0107605_16040604.jpg
いよいよ出発の時刻このレトロで可愛い列車に乗ってプラハへ!
d0107605_18470253.jpg
d0107605_18202646.jpg
2等車の座席は久しぶりのコンパートメントです。荷物の置き場所を心配していたけど頭上に二段ある棚に大きなスーツケースもリュックも収まってひとまず安心。しかしこの席で7時間。大学の夏休みが始まる時期なので帰省する学生と観光客とでかなりの混雑ぶり。結局ほぼコンパートメントの6席は埋まった状態でかなり狭い。買い込んだパンなどを広げるのも面倒でポテトチップスを摘んだりすることくらいしかできません。車内販売のカートも時々来るのでコーヒーを買ったり何が売っているのか見たかったのですが、キツキツの車内で一番奥の席なのでそれもできず、なかなか辛い7時間でした。ただ、入れ替わり立ち替わり変わるコンパートメントの同乗者がみんな控えめに親切な人たちで(本を読み始めたら電気をつけてくれたり)良かった。ありがとう!
d0107605_18203183.jpg
そんなこんなで予定通りの時刻に列車はプラハ中央駅に到着。駅のATMでお金を下ろし、トラムやバスの72時間チケットを買ったりの所用を済ませてからトラムを使って旧市街にあるホテルへ向います。トラムを降りたらすぐのはずなんだけどグーグルマップのナビに指示される道は高架になっていて飛び降りるしかない。。とちょっと迷いながらもホテルに無事到着。通された部屋はトリプルルームでやたら広い! ブダペストのホテルは良かったのだけど部屋が狭かったのでうれしいな。しかし長時間の狭苦しい移動で疲れました。夕飯は外に出ずにお昼に食べるはずだったハムやチーズとパンで簡単に。ちなみにこのホテルの冷蔵庫にはウェルカムドリンクとしてビールとミネラルウォーターの1.5リットルが入ってるし、朝食は無料だし部屋は古めだけどお得なホテル。明日からはここを拠点に再び本屋さん巡り頑張るぞ!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Souvenirs from Budapest and Praha
ハンガリーとチェコの絵本市
2018. 8/18(sat)~8/31(fri)
at にわとり文庫 (営業時間12時頃~20時まで火曜定休)

旅で買い付けてきたハンガリーとチェコの絵本を中心に蚤の市やアンティークショップで見つけたガラクタや少しずつ集めた紙モノなどをいっきに放出するマーケットを開催します。

by niwatoribunko | 2018-08-08 17:54